クリアネオの主成分の全貌を暴く|ニオイを抑える効果の源とは?

脇などのニオイ対策として非常に使い勝手の良いクリアネオですが、その使いやすさや安全性の秘密はどこにあるのかと思い、今回はクリアネオの主成分について徹底的に調べてみました。

 

ここでクリアネオの全貌を暴くと同時に、

  • なぜクリアネオが支持されているのか
  • なぜクリアネオには高い消臭効果があるのか
  • クリアネオが安心して使える理由

これらの疑問を完全に解き明かしていきたいと思います。

 

クリアネオにどのような成分が使われていて、どのような効果が期待できるのかという部分を含め、分かりやすく解説していきますので、最後までお付き合いください。

 

クリアネオの全成分について

  • 架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物
  • メチルポリシロキサン
  • 架橋型メチルポリシロキサン
  • デカメチルシクロペンタシロキサン

 

さて、全成分について記述していこうと思っていたのですが、難しい単語ばかりでよく分からないですよね?

基本的にクリアネオには2つの有効成分と、その有効成分を効果的に発揮するために様々な成分が使われているという認識で問題ありません。

 

例えば、クリアネオクリームは脇や耳の裏などにはもちろん使用できるのですが、デリケートゾーンなどへの使用も可能となっています。

そして「汗によって剥がれにくい」とか「肌に馴染みやすくする」などの工夫の為に使われているのが、有効成分を除いた全成分という見解で問題ないでしょう。

 

クリアネオの有効成分について

パラフェノールスルホン酸亜鉛

  • 顔に対しての制汗剤として使用できるほど低刺激
  • 収れん作用を持っている
  • 毒性は極めて低い
  • 長期間にわたって使用することで高い効果に期待できる

 

多くの制汗剤などに使用されている成分で、特に脇などのニオイを抑える場合によく用いられる成分の1つです。

顔に使用できるほど低刺激で安全性も高く、毒性は極めて低いとされています。

 

役割としては、よくあるタイプのデオドラントスプレーのように「毛穴を完全にふさいで汗を止める」というものではなく、毛穴から出てきた汗と吸着することで汗を止めるというタイプの成分です。

 

そのため肌にかかる負担も少なく、長期的に使用していくことで徐々に効果も高くなっていくと言われています。

収れん作用によって血管や毛穴などが引き締められ、必要以上に汗が流れ出ないような効果を持っているのも大きな特徴の1つと言えるでしょう。

 

イソプロピルメチルフェノール

  • 無味、無臭
  • 低刺激
  • 広範囲に殺菌性をもたらす
  • 紫外線を吸収し、抗酸化性を持ち合わせる
  • 高い安定性を持ち、長時間効果が持続する

 

薬用石けんや薬用ハミガキ、制汗剤などに幅広く使用されている抗菌剤で、名前こそ複雑で難しいような気もしますが、私たちの生活と非常に近いところにある化合物です。

これ自体はニオイを持たず、肌に対して刺激が低いうえに長時間の効果が見込めることから、至る制汗剤などで使用されています。

 

安全性も折り紙付きで、クリアネオに限らず様々な消臭アイテムで選ばれている有効成分と言えるでしょう。

薬用歯磨きなどでも殺菌効果を発揮している成分になりますので、口に入っても安心できる成分だと思えば更に安心できますね。

 

その他にも植物由来の成分がたっぷり

イソプロピルメチルフェノールやパラフェノールスルホン酸は、他のデオドラント製品でもよく用いられている有効成分です。

そのため、人によっては「他のデオドラント製品でも使われているような成分なのに、なんでクリアネオの金額ってこんなに高いの?」と思ってしまうかもしれません。

 

しかしクリアネオには、肌への影響を最低限にしながら体臭に対抗するための植物性成分がたっぷり含まれています。

これらは2つの有効成分を最大限に生かすためのサポート成分と言ってもいいでしょう。

 

特に女性に嬉しい美肌サポート成分

  • ユキノシタエキス
  • プルーン酵素分解物
  • アルピニアカツマダイ種子エキス
  • ヒメフウロエキス

クリアネオは脇などのデリケートな部分に使用することを目的としていますが、いわゆる「露出しても大丈夫なこと」を前提に作られている製品です。

変に刺激してしまうような成分が入っていると、黒ずみに繋がってしまったりしてしまうこともあるでしょう。

 

せっかくニオイが無くなっても、黒ずんでしまったりして見栄えが悪くなってしまったら何だか嫌ですよね?

そこでクリアネオには低刺激で、メラニンの発生・過剰分泌を抑制するための美肌サポート成分がたっぷり含まれています。

 

 

副作用は無し

脇やデリケートゾーンなどに使用することを前提に作られているクリアネオですから、同様のデオドラント製品と比べてもピカイチの安全性と言っても過言ではありません。

私自身も2年以上クリアネオを使用していますが、もちろん副作用や色素沈着なども一切なく、安心して使用できています。

 

耐性ができて効果が薄れているということもなく、むしろ「汗をかきにくくなったんじゃないか?」と覆うほどです。

市販のデオドラント製品だとかぶれてしまったりするのですが、クリネオはしっかりと肌に馴染んでくれるので、私にとってベストのニオイ対策グッズだと思っています。

 

まとめ

クリアネオの有効成分は、どちらも安全性が高く低刺激

クリアネオの全成分を紐解いていく予定でしたが、あまり難しいことを言われても、皆さんは大丈夫でも私が持たないのでこれくらいで。

有効となる主成分は2つですが、その2つはどちらも安全性が高くて副作用もなく、それらの働きや効果をサポートするのに何十もの成分が作用しているというカタチですね。

 

私は決して肌が強い方ではありませんが、それでも痒みがでたこともありませんし、よほど暑い日などでもなければ快適に過ごせていますよ。

ワキのニオイに悩んでいるすべての方におすすめしたいです。

 

公式サイトはコチラ

 

TOPクリアネオの効果・口コミ|ワキガ臭など体臭に悩む人へ贈る最新版