クリアネオが医薬部外品である理由|市販品との違いについて迫る

クリアネオクリーム

クリアネオは「医薬部外品」です。

医薬品ではなく、化粧品でもなく、医薬部外品というカテゴリーに分類されています。

 

そもそも医薬部外品というものが何なのかを理解していないと、クリアネオと市販品の差別化は難しいのですが、ここでは「医薬部外品であるクリアネオと市販されているデオドラント製品の何が違うのか」について簡単にご説明します。

医薬部外品とは?

医薬部外品とは「日本の医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律に定められた、医薬品と化粧品の中間的な分類で、人体に対する作用の緩やかなもので機械器具でないもの」と定められています。

 

私は専門家ではないのですが、効果があると断言していいものは医薬品なんですよね。

薬用クリームなどの「薬用〇〇」という表現も、言い方を変えた医薬部外品とのことです。

 

そして医薬部外品を非常に簡潔に言うと「医薬品と化粧品の中間的な分類」とのことです。

医薬品が「何かを治すもの」と考えると、医薬部外品は「何かを治すまでには至らず、予防するためのもの」という解釈が適切かもしれません。

 

医薬品とは?

医薬的効果のある成分が配合された、治療や予防に効果のある薬品を「医薬品」と言います。

 

病院に行ってお医者さんに直接貰える風邪薬は医薬品、ドラッグストアなどでお医者さんを介さずに購入できる風邪薬は「一般用医薬品」というカテゴリーになるようですが、いずれにしても医薬部外品や化粧品よりは効果の強いものという解釈で良さそうです。

(厳密に言うと少し違いますが、大まかなイメージとしては問題無いと思います)

 

化粧品とは?

言葉で定義付けるのであれば「体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりする目的で、皮膚等に塗布等するもので、作用の緩和なもの」を「化粧品」と言うのだそうです。

 

化粧品と言われるとファンデーションやアイライナー等を思い浮かべてしまいますが、歯磨き粉や入浴剤なんかも化粧品の分類です。

 

入浴剤なんかは、いかにも「肩の凝りがほぐれる」「血行が良くなる」というイメージがありますが、個人差どうこうという表記を目にすることが多いのは、医薬品ではないからと言ってもいいのではないでしょうか。

 

薬事法(薬機法)という法律のカラクリ

簡単に言えば、医薬品は症状を改善するもの、医薬部外品は症状を予防するものと書きました。

 

しかし世の中で販売されている薬用クリームやニキビ予防の医薬部外品なんかは、予防というよりも改善効果を期待して使用する意味合いが強いと思いませんか?

そして実際に効果が得られることも少なくないですよね。

 

風邪薬に関しても一緒です。「風邪をひいたかも…」という状況で風邪薬を飲むのは予防ではありません。

風邪をひいていない状態で行うのが予防ですが、元気な時に予防の意味で風邪薬を飲むという人はまずいないでしょう。

 

言葉を選ばずに書きますが「医薬部外品は効果があっても、薬より効果があってはならない」という決まりがあるので、実際には症状の改善効果があるのにも関わらず、あからさまに効果が強いとはアピールできない製品であることが多いような気がします。

 

医薬部外品であることのメリット

「医薬品と同じくらいの効果があるのであれば、医薬部外品ではなくて医薬品と名乗った方がいいのでは?」と思う人もいるかもしれません。

 

しかし医薬品の認定を受けるには、厚生労働省によって認可してもらわなければならないという手間が発生してしまいますし、何よりも「販売ルートが限られてしまう」というデメリットが出てきます。

 

薬となればそれなりの許可が必要になるので、薬のような効果を持っていても薬とは名乗らず「医薬部外品」として通信販売をしたり、一般的なドラッグストアなどで取り扱ったりなどをした方が、販売元は得できる部分もあると思いませんか?

 

医薬部外品の中には、ちゃんと申請すれば医薬品になれるものも少なくないのではないかと思います。

 

しかしそれをしてしまうと「効果を推すことはできても、簡単に消費者に向けて販売できなくなってしまう」というジレンマがあるため、色々と天秤にかけた結果「効果を明言できなくても、医薬部外品として多くの人に販売したい」という道を選択した製品も少なくなさそうです。

 

一般的なデオドラントもほとんどが医薬部外品

では医薬部外品であるクリアネオと、その辺のスーパーやドラッグストアなどで購入できる一般的なデオドラントに差がある部分は何なのかについてですが、一般に売られているデオドラントも多くは医薬部外品にカテゴライズされています。

 

代表製品で言えば「リフレア/8×4」なんかは、れっきとした医薬部外品です。

そこで気になってくるのが「同じ医薬部外品なのに、ここまで金額差が開く理由は?」という部分だと思います。

 

かたや1本5000で、かたや1本1000円以下。

色んな部分で差別化はあるのですが、基本的には「クリアネオには植物エキスなどが配合されていて、肌の保護などにも重きを置いているから」と思って問題ないでしょう。

 

市販されているデオドラントの中には「制汗効果はあるけど、殺菌効果はない」という商品も少なくないですし、なにより成分表を見た時に見慣れないカタカナが羅列しているということも少なくありません。

 

柿渋エキス、チャエキスのようなものではなく、化学式の方がしっくりきそうな成分は、私のような一般人には不安を感じてしまう面もあるので、副作用などを気にする場合に困ることがあるかもしれないですね。

 

まとめ

医薬部外品という括りは、私のような素人には分かりにくくて難しい話だと思っていました。

 

しかし今回調べてみて、表現の仕方というか「法律によって解釈が変わる部分が大きい」ということが分かりましたね。

 

「医薬部外品であるから医薬品より効果が低い」というわけではなく、あくまで厚生労働省の認可を受けているかどうかという部分の違いだったりもするので、1番は「自分に合う製品を選ぶこと」だと思います。

 

クリアネオは肌への刺激も弱く、ニオイを抑える効果に関しても優秀な製品です。

ワキガ臭や体臭に悩んでいるという人は、ぜひ一度お試しください。