クリアネオは安心?副作用の心配は?|高い安全性と高品質が持ち味

体臭対策グッズの基本は、的確にニオイを抑えられるかどうかです。

しかし、それを安心して使用するためには「その製品が安全であるかどうか」「長期間に渡って使用しても、副作用がないか」などの安全性も考えなくてはなりません。

 

せっかく高い効果が見込めたとしても、使用後に肌がかぶれて痒くなってしまうという商品を、私は数多く見てきました。

この記事では「クリアネオに副作用は無く、極めて安全性の高い製品であることの根拠」を示していきたいと思います。

 

クリアネオの有効成分

クリアネオには2種類の有効成分が含まれています。

ニオイが発生する原因は汗そのものにあるわけではなく、汗が皮脂や汚れなどと混ざり、それが常在菌に分解されることによってニオイを発生させているというメカニズムです。

 

つまり「菌の増殖を抑えること」「汗そのものを抑えること」を同時に対策できれば、それがこれ以上ないニオイ対策として成立するということになります。

 

そしてクリアネオには、菌の増殖を抑えるためにイソプロピルメチルフェノールという成分が、汗そのものを抑えるためにパラフェノールスルホン酸亜鉛という成分が使用されています。

まずはこの2つの有効成分について簡単に解説しますね。

 

イソプロピルメチルフェノール

  • 無味、無臭
  • 低刺激
  • 広範囲に殺菌性をもたらす
  • 紫外線を吸収し、抗酸化性を持ち合わせる
  • 高い安定性を持ち、長時間効果が持続する

非常に強い殺菌性を長時間保てるということで、多くの医薬品や医薬部外品などに使用されている成分です。

クリアネオのような体臭対策のクリームやデオドラント製品に用いられることも多いですし、ニキビケア用品や歯磨き剤やうがい薬などにも使用されています。

 

デオドラントやニキビ薬はともかく、歯磨きやうがいなど「口に入るようなもの」に使用できる成分となると、安心できる成分と考えても良いのではないでしょうか。

ちなみにイソプロピルメチルフェノールは、厚生労働省によって配合量を厳格に規制されており、しっかりとした管理の元「この程度の使用量であれば人体に影響は与えない」という量が決められています。

 

これを厳守しているうちは副作用はもちろん、人体に影響を与えるということはまず無いと考えてもいいでしょう。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛

  • 顔に対しての制汗剤として使用できるほど低刺激
  • 収れん作用を持っている
  • 毒性は極めて低い
  • 長期間にわたって使用することで高い効果に期待できる

安いデオドラント製品において、汗を止める場合は「薬品を塗り込むことで汗腺に蓋をする」という商品が少なくありません。

しかしこれをやってしまうと、肌が弱い人にとっては少なからずも痒みやかぶれなどの影響を受けてしまう可能性もあります。

 

しかしパラフェノールスルホン酸亜鉛の場合は、汗に含まれているタンパク質と結びついて結晶化し、汗腺の内部で汗を止めるという効果をもたらしてくれるのです。

肌の表面上でゴニョゴニョやっているわけでは無いので痒みなどに繋がることもなく、肌荒れも引き起こさない非常に肌に優しい成分と言っていいでしょう。

 

クリアネオの植物性成分

実は前項でご紹介した有効成分を使用しているワキガ対策クリームは、なにもクリアネオだけではありません。

実際に軽く調べてみただけでも、ほとんどのワキガ対策用クリームや脇汗対策用クリームが、イソプロピルメチルフェノールとパラフェノールスルホン酸亜鉛を採用しています。

 

では「クリアネオとそれらの差が生まれている部分はどこか」というと、それらの有効成分をより生かすためのサポート成分なんですよね。

 

クリアネオでは「柿渋エキス/シャクヤクエキス/チャエキス/クマザサエキス/ハマメリスエキス」などの植物性成分が採用されています。

柿や茶などのように食品として身近にある成分もあれば、化粧品などで顔に使用する機会のある成分なんかもありますし、これらに関しても安全性に関しては問題ありません。

 

クリアネオの美肌サポート成分

クリアネオには美肌サポート成分も数多く含まれています。

ニオイ対策を施す身体の部位と言えば、ワキやデリケートゾーンなどの「決して刺激に強いとは言えない部位」に使用することが多いです。

消毒するとなると、いくら安全で低刺激だとは言っても多少は負担があります。

低刺激というのは刺激が低いという意味であり、決して刺激がゼロという意味ではありません。 それらをケアするのが美肌サポート成分の役割です。

 

クリアネオでは「ユキノシタエキス/プルーン酵素分解物/アルピニアカツマダイ種子エキス/ヒメフウロエキス」という成分が使用されていますが、どれも自然の物で安全性の高い成分です。

ワキに使用する場合は「黒ずみ」なんかも気にされる方が多いと思います。

しかしこれらの美肌サポート成分には、黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑制するような働きも期待できるので、夏に露出が多い服を着るという方でも安心して使用できますよ。

 

クリアネオに副作用の心配はなし

クリアネオには、副作用の心配はほとんどありません

私はこれまでに様々なデオドラント製品やワキガ用クリームを試してきましたが、海外製品なんかだとワキ部分が痒くなったり粉を吹いたりして、とてもニオイ対策どころじゃありませんでした。

 

日本製品も市販品は安いものが多いですが、どうしても肌に影響の強いものが多く、肌に影響が少なくて安心して使用できるものを探していった結果、クリアネオに辿り着いたという感じです。

 

1つ1つの成分を紐解いていくと、クリアネオで使用されている成分はどれも分かりやすく、非常に安心して使用できる製品だということが分かるでしょう。

試しに海外のデオドラント製品の成分表を見てみてくだい。化学式が出てきそうな難しい成分が沢山使われていて驚くと思いますよ。

 

クリアネオの安全性を裏付ける3つの検査

クリアネオでは製品化するにあたって、厳しい内容の検査を3つ(24時間閉塞パッチテスト/低スティンギングテスト/RIPT)実施しています。

いわゆる「アレルギー反応などが無いかどうか」を見たりするための検査なのですが、軽く調べてみただけでも非常に厳しい内容の検査でした。

 

クリアネオを使用するうえでの副作用の影響などが気になる人も、この検査が行われているのであれば安心できるというような内容でしたので、興味のある方は併せてチェックしていただけると嬉しいです。

 

まとめ

クリアネオはワキガ臭や体臭に悩んでいる人にとっては、非常に有名なレベルの商品です。

有名な商品だけに効果のほどには賛否両論がありますが、ここまで支持されている理由の1つが高い品質と安全性であることは間違いないでしょう。

 

副作用もほとんど無いので、敏感肌の方や小学生などのお子様が使用しても問題ありません。

私自身がそうだったのですが、悩んでいる時間が勿体ないと思います。ぜひ一度、お試しください。

 

TOPクリアネオの効果・口コミ|ワキガ臭など体臭に悩む人へ贈る最新版