クリアネオに含まれている4つの美肌サポート成分|デリケートな箇所への使用も問題なし!!

クリアネオにはニオイ対策の有効成分や、それを生かすための様々な植物性成分が含まれています。

しかし、それだけではありません。肌に馴染みやすいように、肌を守るために必要な4つの美肌サポート成分も含まれているんです。

この記事では、クリアネオに含まれている4つの美肌サポート成分について簡単にご紹介したいと思います。

 

美肌サポート成分はなぜ必要?

クリアネオに美肌サポート成分が含まれている理由ですが、ワキなどのデリケートな部分に使用することをしっかりと考えて作られている製品だからです。

ワキには毛が生えてきますが、女性の多くはムダ毛処理を行っており、大なり小なり肌には負担が掛かっています。

 

毛が生える部分は、本能的に人間が守ろうとしている部分なので、言い方を変えると「人間のカラダの中でも弱い部分」という見方もできるでしょう。

そのような場所に使用することを見越して作られている商品なので、しっかりと考えて作られているというわけです。

 

黒ずみやくすみ等は紫外線による影響の他、摩擦などの刺激によっても引き起こされてしまいます。

ワキ部分は汗が気になって頻繁に拭いたりしてしまいがちですから、それらを防ぐような成分が含まれているのは非常に嬉しい要素ですね。

 

4つの美肌サポート成分

ユキノシタエキス

抗炎症作用、抗菌作用を持っており美白有効成分であるアルブチンを多量に含んでいることでも知られています。

 

化粧品やスキンケア商品における美白成分として配合されることが多く、毒性がほとんど無いとされている成分です。

 

化粧水や美容液、乳液、スキンクリームなどの類でよく用いられ、美白効果や抗炎症作用の他、シミやシワの改善などのアンチエイジング効果にも期待できるでしょう。

 

プルーン酵素分解物

女性にとっては非常に嬉しい、肌への効果が期待できる成分です。

見た目的にも紫外線の影響を受けにくいのが伝わってくると思いませんか?

 

紫外線や女性ホルモンの乱れなどが原因で、肌に「しみ/くすみ」ができないように、しみの原因となるメラニンが取り込まれるのを抑制したり、皮膚の新陳代謝を良くする効果が得られるでしょう。

 

割と最近になって注目を浴び始めた新成分であり、前項でご紹介したユキノシタエキスとの相乗効果が得られると言われています。

 

このプルーン酵素分解物の面白い点は、これまではメラニン自体の生成を抑えることを重点的にしていたのに対し「メラニン自体は作られても構わないが、それが肌に取り込まれないようにする」という働きに注目している点です。

 

メラニン自体を抑えつつ、それも取り込まれないようにできるのかなどは専門家でないと分かりませんが、今後ますます期待されてくる成分であることは間違いないでしょう。

 

アルピニアカツマダイ種子エキス

非常に謎が多そうな名称ではありますが「しみ/くすみ/黒ずみ」の原因であるメラニンの過剰分泌抑制作用があります。

 

しかも従来の化粧品と比較しても、その効果は非常に高く、カルダモニンと呼ばれる成分がメラニンの生成を大きく阻害すると言われているようです。

 

そしてアルピニアカツマダイ種子エキスは医薬部外品でないと使用することが認められていないため、使用に際しても敷居が高く、簡単には扱うことが許されない成分となっています。

 

ヒメフウロエキス

カタカナだとしっくりきませんが、漢字にすると姫風露です。

日本では一部の山岳地帯の日当たりの良いところに自生しているようですが、ある場所では採取禁止対象になっているとのこと。

 

なぜこの成分が注目されているかと言うと、簡単に言えばトリプターゼの働きを阻害するからだそうです。

トリプターゼは皮膚にある肥満細胞に含まれている酵素で、紫外線などの外的要因によって発現し、肌の弾力を失わせる原因になると言われています。

 

まとめ

クリアネオはニオイ対策はもちろん、デリケートなお肌のケアも完璧

私は海外のデオドラント製品なども使用したことがあるのですが、効果は確かに絶大であるものの、肌に対する刺激が強く、私には合いませんでした。

日本人には肌が弱いという人も多いと思いますので、このように肌に対して優しい成分で構成されているというのは嬉しい要素と言えるでしょう。

もちろんニオイ対策にも抜かりはありません。 体臭に悩んでいるという人は、ぜひクリアネオをお試しください。

 

公式サイトはコチラ

 

TOPクリアネオの効果・口コミ|ワキガ臭など体臭に悩む人へ贈る最新版