クリアネオが効かないのは初歩的なミス!?脇の臭いを長時間抑える方法

私はクリアネオを愛用しています。

わきがで悩んでいた私を楽にしてくれたのはクリアネオでした。

 

これまでには海外の人へ向けて作られた強力なデオドラント製品なども試してきましたが、効果は感じるものの肌への影響が大きく、断念してきた製品が幾つもあります。

そんな私が最終的に辿り着いたのがクリアネオです。

しかしインターネット上を探していると「クリアネオ 効かない」「クリアネオ 効果が無い」というワードで検索している人が少なくないということを知りました。

 

そこで私は「もしかすると、クリアネオに効果が無いと感じている人は初歩的なミスを犯しているのでは?」と思ったので、今回はそういう方へ向けてアドバイスを送りたいと思います。

本記事はクリアネオクリームの使用者へ向けたものです
 

クリアネオクリームの使用方法

クリアネオクリームは、クリアネオボディソープやクリアネオパールとは違い、非常にシンプルな使い勝手です。

公式サイトで説明されている使用方法も、STEP1で終わっています。

 

使い方は至ってシンプル、ニオイの気になる部分に2プッシュ塗り込むだけなのですが、ここには意外な落とし穴があるんです。

ご存知の方も多いでしょうが「清潔な肌に塗り込んでこそ、初めて効果がある」と言っていいでしょう。

 

お昼休憩や午後に入る時に、こっそり塗り直しているという人も多いと思います。

そんな人は、しっかりと肌を清潔にしたうえで塗り直していますか?

 

公式サイトのよくある質問に答えがあった

上記のキャプチャー画像は、公式サイトの「よくある質問」に掲載されているものです。

重要な部分に赤線を引きましたが「塗りなおす際は、汗を拭くなどお肌を清潔にしてからご使用ください」と書かれています。

 

制汗剤の類であれば、軽く汗を拭きとったうえから使用するという人もいるでしょう。

しかし、制汗剤の多くはシトラス系の爽やかなニオイを加えられており、決して無臭ではありません。

いわば「ニオイを誤魔化している」という表現に近いですね。

 

エクリン汗腺による汗なら多少は誤魔化せるでしょうが、アポクリン汗腺からの汗となると、常在菌や皮脂を何とかしないことには効果が薄いです。

ウェットシート等を使って、脇を綺麗にしてから追加のクリアネオを塗るという方法が基本中の基本となっています。

 

汗が臭う理由/クリアネオが効果的な理由

意外と知られていないのが「かいたばかりの汗は無臭である」という点です。

汗はかいたばかりの頃よりも、引いてきたくらいの頃に臭い出すと思いませんか?

 

ここには菌の発生・増殖が大きく関係していました。

人間の肌には常在菌がいるといわれていますが、汗が皮脂や汚れなどと混ざり、そして常在菌に分解されることによってニオイが発生すると言われています。

 

クリアネオは菌の増殖を抑える効果がありますし、汗の発生自体を抑えるのにも有効的です。

そしてこれらは、ニオイが発生していない状態で行うからこそ効果があります

 

私の使用方法

私は毎朝、シャワーを浴びています。

シャワーを浴びた後の綺麗な状態の脇にクリアネオを塗り込んでいるのですが、ここではしっかりと乾いた状態の脇に塗ることが重要です。

そして塗り終わった後も、ちゃんと乾かさなければなりません。

 

私の場合は、たまに面倒くさがって湿気を帯びている状態の脇に塗ってしまったり、完全に乾いていない状態で行動を開始したりしてしまうのですが、これをやってしまうと無臭でいられる時間が明らかに短くなるんですよね。

 

そして時間が経過してニオイが気になってきた場合は、一旦脇をまた清潔な状態にしてからクリアネオを使用することをおすすめします。

 

私が使用しているのはAgが使用されているタイプのボディシートですね。

銀を使っている製品なら消臭効果も高く、無香料のものが多いので、非常に分かりやすい形で清潔に出来ると思いますよ。

これで清潔な状態にしてから、クリアネオを塗り込めばOKです。

 

まとめ

クリアネオは清潔な状態で使用することに意味がある

市販されている香り付きの制汗剤や香水などは、ニオイを弱める効果は一切なく、更に強い香りで誤魔化しているにしかすぎません。

同じくわきがで悩んでいる人にも程度の違いがありますが、強い人だとそれが返って逆効果になるケースも少なくないでしょう。

私も以前までは香り付きのものを選んでいましたが、無香料でも十分に効果が得られますよ。 清潔にした状態でクリアネオをぜひお試しください。

 

 

TOPクリアネオの効果・口コミ|ワキガ臭など体臭に悩む人へ贈る最新版