小学生でもクリアネオは使える?|子供も使用できる高い安全性に脱帽

私には子供はいませんが姉に子供がおり、その子供が小学校の5年生になりました。

 

その姪っ子がどうやらワキガ体質のようで、姉も少し悩んでいたようでしたので、クリアネオをプレゼントしたのですが、この手の商品の使用を悩む場合は「子供でも安心して使用できるかどうか」という項目は非常に重要ですよね。

 

クリアネオは安心して使用できる成分から使用されているので、小さなお子さんでも安心して使用できますよ。

今回は「クリアネオが小学生でも安心して使用できる理由」について紹介したいと思います。

 

クリアネオの成分について

クリアネオの主成分/有効成分は上記の図にもある「イソプロピルメチルフェノール/パラフェノールスルホン酸亜鉛」の2つです。

前者には主に菌の増殖を防ぐ効果があり、後者には制汗剤としての効果があります。

 

ニオイの発生を抑えるためには、常在菌の繁殖を防ぐのと同時に汗をかかないようにするのが重要なので、非常に理にかなっている成分と言えるでしょう。

カタカナばかりでちょっと分かりにくいかと思いますが、市販されている制汗剤や薬用クリームの多くで用いられている成分です。

 

なぜ多くの製品でこの成分が使用されているかというと、安全性が高いからと言っても過言ではありません。

肌に対して低刺激なので、敏感肌の方やデリケートな部分に使用しても問題ないように作られている製品ということですね。

 

クリアネオのその他の成分について

クリアネオが高価な理由は?

前項では「クリアネオの主成分は、市販されている制汗剤でも多く用いられている成分だから安心できる」という書き方をしました。

これを聞くと「じゃあスーパーやドラッグストアで購入できる制汗剤や薬用クリームと何が違うの?」と思う人も出てくるのではないでしょうか。

 

市販で売られているデオドラント製品であれば、1000円ちょっと出せばそれなりの製品が手に入るのに対し、クリアネオは最安値で購入できる公式サイトの定期購入を選択しても1つあたり約5000円という価格設定です。

 

同じ有効成分が使われているのに、ここまで金額の差が開く理由は何だと思いますか?

もちろん「有効成分の含有量」などの差もありますが、クリアネオは医薬部外品である他、有効成分をサポートするための成分も充実しているのです。

 

多数の植物性成分を使用

クリアネオには有効成分をサポートするための植物性成分が多数使用されています。 主な目的としては「殺菌成分や消臭成分のパワーアップ」だったり「肌をケアする成分」だったりするのですが、植物由来ということもあって安全性が高いものばかりです。

 

このように加工されていなければ、別のルートで加工されて私たちの口に入っていたであろう成分も少なくありません。

そのため、大人と比べて肌が弱い小学生や小さいお子さんが使用しても問題ないほどの安全性と言ってもいいでしょう。

 

小学生の高学年くらいからワキガは身体に現れる

この度、私の姪っ子が自身の体臭に悩んでいるという話を受け、私自身のことを考えてみました。

私自身も小学校の高学年で、自身がワキガ体質だったことに気付いた記憶があります。

そして1度だけ、当時のクラスメートからそれを指摘するような言葉を浴びせられたことを今でも覚えているんですよね。

 

もう20年以上前の話になりますが、今でも鮮明に覚えています。

今でも気分の良いものではありませんが、当時は生きていくのも辛くなるくらい落ち込みました。

 

私は父がワキガ体質で母は違ったので、母に相談してもあまり理解してもらえなく、父には相談しにくいという境遇で悩んだのですが、当時クリアネオに出会っていればまた違ったのかなぁと思うこともあります。

もし小学校の高学年以上でワキガ体質に悩んでいるお子さんがいるという場合は、しっかりと相談に乗ってあげてください。

 

まとめ

大人と違って肌の弱いお子さんでも安心して使用できるのがクリアネオ

今回は姪っ子にプレゼントしてみましたが、姪っ子からお礼の電話を貰って、自分のことのように嬉しく思いました。

たぶん姉に電話するように言われてしてきたとは思うのですが、電話で喋った一言一言は彼女の本心だったと思いますし、クリアネオは彼女の力になってくれることを確信しています。

似たような境遇にいるという方は、ぜひクリアネオを一度お試しください。 ここまで人気のある理由が実感できると思いますよ。

 

公式サイトはコチラ

 

TOPクリアネオの効果・口コミ|ワキガ臭など体臭に悩む人へ贈る最新版